不倫パートナー募集の女性続出

近くの不倫パートナー募集中の女性を探す

足フェチに目覚めたので美脚な不倫パートナーが欠かせません

未分類

結婚して長らく普通の性癖だった私も、今ではすっかり足フェチとなりました。今では綺麗な足を見るとそれだけで勃起しそうになり、触れたくなる衝動を抑えるのに必死です。

そのため、美脚な不倫パートナーの存在は欠かせないものとなりました。

妻も足が汚いというわけではなく、年齢から考えると手入れはしているほうだと思います。なので最初は妻の足で我慢しようとしていましたが、とある女性を思い出すともの足りなくなり、「もっと若くて、綺麗な足の人を探さないと…」と決意を新たにしました。

その女性とは、私の勤める会社にいる後輩です。年齢は20代半ばで顔立ちは地味なのですが、どういうわけか足については一級品であり、これまで足にさほど執着しなかった私も足フェチに変えてしまうほどの魔力がありました。

私の勤める会社ではみんなスーツを着ており、女性社員はほとんどスカートなのですが、その後輩だけ足が別格の美しさなのです。スラッとして見事なシルエットなのはもちろんのこと、タイツが足の美しさを引き立てており、ちょっとかがんだときなんかはすごく見てしまいます。

これまでは「会社の女性にセクハラするとか、信じられないな…」と思っていたのですが、この後輩を見てからは考えも変わりそうです。とはいえ、セクハラをすればいろんな意味で終わってしまうのは目に見えているため、実行するわけにもいきません。

私が独身なら恋人にするという手もありますが、妻も子供もいる立場ではそれも叶いません。

となれば、『美脚でセックスだけさせてくれる女性』が必要となるため、私は出会い系でそういう不倫パートナーを探したのです。

出会い系で仲良くなった女性には足の写真を送ってもらい、後輩の足と比べてどれだけ美しいかを判断します。その結果、とある20代後半の女性がかなりいい足をしており、後輩に勝るとも劣らないから会いたいと伝えたのです。

年齢で言えば後輩のほうが少し若いですが、その不倫パートナーもまだ20代ですし、なにより足の美しさは申し分ありません。後輩に比べると少し太く見えそうな気もしますが、写真写りも影響しているでしょうし、気にせず会うことにしました。

会ってみたら大正解で、脱ぐ前から綺麗な足だと分かってテンションが上がります。

服装はパンツルックでしたが、それでもシルエットは見事なものです。

セックスのときはその足に触るだけでなく、太ももを舐めたり、ふくらはぎにペニスを擦りつけたり、足フェチ丸出しのプレイを楽しみました。やはり、今は美脚から離れられません。

コメント