不倫パートナー募集の女性続出

近くの不倫パートナー募集中の女性を探す

妻はたまにしかセックスさせてくれないので不倫パートナーを作ってみた結果…

不倫パートナー体験談

なんやかんやあって不倫パートナーを作ってしまった私ですが、妻とは完全なセックスレスというわけではありません。ただ、夫婦とは思えないほど頻度が少ないというか、とにかく私の旺盛な性欲を満たすためには全然足りなかったのです…。

ちなみに妻は理屈っぽい性格でして、セックスの頻度が少ない理由についてもつらつらと並べてきます。たとえば「男性は毎日射精していると精子が薄まって気持ち良くなくなる」とか「射精の頻度を減らしたほうが体力も維持しやすくなる」とか、どこかで調べた知識で理詰めをしてくるのです…。

たしかに妻は私よりも頭が良く、仕事でも頼られているというのは分かります。しかし、仮にも愛し合って結婚した夫婦ならばもっとセックスも増やしていいと思いますし、妻もセックスを始めたらそれなりに気持ち良さそうにしていました。

しかし理屈っぽい上に頑固なところもある妻はなかなか私の希望を受け入れてくれないため、ついに不倫パートナーを作る決意をしたのです。その結果としては大変満足している…と言いたいところですが、ちょっと妻に怪しまれているのが懸念かもしれません…。

不倫パートナーを探すだけなら、出会い系を使えばOKです。ちゃんと相手が見つかるかどうかは運や交渉力が関わるものの、失礼じゃない限りはなんとかなると思います。少なくとも、私はケンカなどに発展したことはありません。

それで仲良くしてくれる女性を見つけ、相手もセックスをしたがっていたので、簡単に会うことができました。先ほども書いたように妻は女性ながらもバリバリ仕事をしているため、忙しい時期であれば不倫相手とも簡単に会えます。

妻とのセックスがなかなか楽しめていない分、不倫相手とのセックスはとても気持ちが良かったですね。体の相性がすごくいいというわけではありませんが、テクニックは十分だったし、なにより何度でもさせてくれるというのがありがたいです。

この不倫パートナーとは今も時間があれば会っており、すでに妻とするよりも頻度が増えている気がします。ただ、先ほども書いたように妻は私の変化を察しているようで、なんだか身の回りを嗅ぎ回られているような心配があるのです…。

「あんまりしたがらなくなったけど、大丈夫なの?」とか「なんかスッキリした顔してない?」なんて聞かれるとヒヤッとしまして、私は「いやいや、こっちも仕事が忙しくてそれどころじゃなくなったから…」なんて誤魔化していました。