不倫パートナー募集の女性続出

近くの不倫パートナー募集中の女性を探す

可愛いのに自己評価が低い不倫パートナーを私専用に仕立てました

『可愛いのに自己評価が低い女性』というのは、実在しています。「そんなのは漫画のヒロインだけだろ」と言われそうですが、いくら可愛くとも褒められる機会が少なかったり、そもそも人との交流がほとんどなかったりすれば自分の可愛さに気付きません。

また、可愛いのにお洒落をしないという女性も自分の魅力に気付かないため、側から見るともったいなく感じるでしょう。女性というのは少し手を加えるだけで大化けしますから、今はメイクアップに関する動画もたくさんありますね。

そういう自己評価の低い女性というのは、しっかり褒めてあげることでとても仲良くなれます。「なんでこんなに可愛いのに今まで褒められなかったんだ?」と思う人も多いでしょうが、世の中には相手を褒める習慣を持たない人もいるため、運が悪ければ死ぬまで自分の魅力に気付けない場合もあるでしょう。

私の不倫パートナーも可愛い容姿をしているのに自己評価が低く、なんとももったいない人生を送っていました。しかし私がその魅力に気付かせることですっかり変わりまして、今では私専用の相手と言ってもいいほど仲良くなっています。

私には妻がいるのですが、この人もなかなかの美人です。しかし妻は自己評価が低くなく、むしろ学生の頃はそこそこチヤホヤされていたようで、自分の魅力も理解していました。だからなのか、私が褒めてもすごく嬉しそうにはしません。

結婚するからには愛してくれているのでしょうが、お世辞にも情熱的な結婚生活とは言えなかったので、これが不倫パートナーを作るきっかけとなりました。それで見つかった相手がくだんの女性ですから、世の中というのは面白いですね。

出会い系で写真を交換しつつ「本当に私と会ってくれますか…?」と聞かれたときには、やっぱり驚きました。見た目はちょっと地味ではあるものの綺麗なのは間違いなく、これで会ってくれるかどうか心配するというのは男からすると不思議でしょう。

なお、この不倫パートナーもあまり男性から褒められなかったようで、旦那も悪い意味で昔気質だからあまり妻を大事にしておらず、それで「私ってやっぱり魅力がないのかな…」と思い込んでいたのです。

そんな結婚生活がつらくなって不倫に走る…というのは自然でしょう。だから私はしっかりと相手の容姿を褒め、デートのときはより似合う服を選んであげました。そうした逢瀬を重ねているとかなり前向きになり、同時に私に対して献身的になったのです。

「こんな風にするのはあなただけだから…」なんて言われると、男としては嬉しいでしょう。