不倫パートナー募集の女性続出

近くの不倫パートナー募集中の女性を探す

不倫パートナー掲示板で見つけた相手の家に通っています

不倫パートナー掲示板を使っています

僕は、子どもが自立して、ようやく肩の荷が下りた気分に浸っています。
妻と二人きりになって、これまで子ども優先で我慢してきた好きなことを思い切りできると思っていました。
しかし実際には、妻との二人きりの生活に息苦しさを感じるようになってしまい、余暇を楽しむどころではなくなってしまいました。

どうにかして、家庭以外に精神的な世界というか、空間というか、居場所を作りたいと思って、不倫で第2の人生をやり直すことにしました。
しかし妻と離婚はする気はありませんでした。
二人きりの週末に息苦しさを感じるとはいっても、これまで苦楽を共にした相手です。
そう思って、不倫パートナー掲示板で相手を探すことにしました。
そこでなら、割り切って息抜きができる関係を持てると思ったからです。

相手の条件としては、家庭を忘れたいというのがありましたので、妻とはタイプの違う女性であることが唯一の条件でした。
あとは普通に一緒にいて落ち着ける雰囲気を漂わせていることが大事でしたが、それは会ってみないと分かりません。
ですから掲示板の雰囲気だけを見て選びました。

不倫パートナー掲示板で見つけた女性は、僕とは違った意味で、相手を探していたようです。

結婚したばかりというのに、彼女の旦那は出張がちで家を空けることが多いそうです。
しかし子どもがいないので、彼女一人の時間がどうしても長くなることに寂しさを感じていたようです。

彼女はボーイッシュというのでしょうか、初対面の印象では結婚している感じがありませんでした。
所帯じみていないと言いましょうか、それも旦那と一緒に過ごす時間が短いからでしょう。

不倫パートナーということに・・・

彼女と出会った当初こそ、人目を気にして個室のある居酒屋などで会っていましたが、関係が長くなると、彼女の家に行くことが多くなってきました。
これが近所付き合いが盛んな地域だったら、近所の人たちは彼女の本当の旦那ではなく、僕のことを彼女の旦那だと思っているかもしれませんが、ほとんど近所のつながりのない地域でしたので、お互いにくつろげるということで彼女の家で会うようになりました。
他人の家で不倫をしていると、僕が望んだ第二の人生が過ごせていると思います。
彼女も、一人の家で寂しさを抱えなくて済んでいるようです。

月に一度は彼女の家に通っていますから、たぶん、妻は僕の不倫に気づいているのではないでしょうか。
それでも、気づいたそぶりを見せないのは、妻なりに現状を変えたくないからだろうと思います。
下手に僕に不倫のことを問い詰めたり、なじったりすると、家を追い出されると思っているのかもしれません。
子どもは自立しているから、子どもの心配をしているとは思えません。
妻が自分のことを心配して、現状維持を望むなら、僕としても異存はありません。
だから僕はこのまま妻との結婚生活も、不倫の関係も緩く続けていくつもりです。

コメント