不倫パートナー募集の女性続出

近くの不倫パートナー募集中の女性を探す

不倫パートナーは全然旦那としていないので私好みの体に仕立て上げました

全然旦那としていない人妻は、その体を持て余しています。男性からすれば女性の性欲というのは理解しがたいかもしれませんが、実は男性以上にその衝動は強く、ちょっとのきっかけで淫乱になってしまうというのは珍しくありません。

そもそも人間がここまで増えたのは『ほかの動物と違って発情期に関係なく生殖できる』という特徴があってこそなので、女性の性欲が強いというのもあながち不思議ではないでしょう。ましてや、本来なら定期的にセックスを行う相手が側にいるのになにもしていなければ、ムラムラしているのは当たり前ですね。

私の不倫パートナーも全然旦那としていなかったこともあり、その体を私好みに仕立て上げました。今では私とのセックスでなければなかなか満足できないらしく、旦那とは別れる気がなくとも体については私の物になっていると言えるでしょう。

この不倫パートナー、まだ30代後半ですが10年近くセックスレスだと語っていました。つまり、旦那とは20代のうちにセックスをしなくなったわけで、体力も性欲もある時期から我慢していたと考えたら、不倫を咎める気にもならないでしょう。

なぜそんなことになったのかと聞いてみると、実は旦那が性病にかかったからです。結婚して早々に風俗店で遊んでしまったらしく、しかもその際に性病へ感染してしまったことで、旦那との性行為にまったく気乗りしなくなりました。

旦那はしっかりと反省して風俗には行かないようにしたし、性病についても完治させたとのことです。しかし一度セックスしたくないと思った相手だとやはりそういう雰囲気にはならず、性欲だけを抱え込む日々が続きました。

そしてついに我慢できなくなり、不倫パートナーを探したというわけです。若いうちからずっと持て余している体は当然開発も進んでおらず、セックス自体が久しぶりなので緊張もしていました。しかし、オナニーは定期的にしていたようで、感度自体は悪くありません。

だから全身を愛撫していただけでも何度か達しまして、すっかり私とのセックスに夢中です。最初は不倫という行為に多少の罪悪感もあったようですが、今はまったく気にならないようで、チャンスがあればすぐに会ってセックスをさせてくれます。

ただ単に性感を発達させるだけでなく、私好みにするため陰毛を完全に処理させたり、AVみたいな淫語を言わせたりしています。今では不倫パートナーというよりも愛人といったほうがしっくりくる感じで、これからも可愛がっていきたいですね。