不倫パートナー募集の女性続出

近くの不倫パートナー募集中の女性を探す

不倫パートナーのポルチオを開発したら私にメロメロになりました

不倫パートナー体験談

私には不倫パートナーがいるのですが、この人がすっかりメロメロでして、私が連絡するとほぼ確実に会ってくれます。ちなみに妻も私とのセックスには夢中になっており、仮に不倫がバレても離婚される可能性は低いでしょう。

なぜ不倫パートナーも妻もメロメロなのかと言うと、ポルチオを開発されたからですね。

女性のGスポットは入り口付近とされていますが、実はそれよりも気持ちいいのがポルチオであり、開発済みの女性だったら奥まで突くのが1番効果的でしょう。

なお、最初は怖がる人や痛がる人が多いため、ポルチオ開発には根気と時間が必要です。男性は短絡的な快感を求めがちですから、ポルチオ開発を放棄する人も多いのですが…成功すればこちらにべったりですから、実践する価値は多いにありますよ。

そんなわけで、妻ともセックスレスではありません。

しかし、それとは別に相手が欲しくなって不倫パートナーを作ることになり、実際に作ってみたら予想以上に楽しいです。やはり男は、複数の女性に好かれると気分も良くなりますね。

なぜ別のセックス相手が欲しくなったのかと言うと、妻の体はすっかり開発しきったからです。ポルチオを開発してからは派手にいきまくるようになり、一度いかせたあとは全身が性感帯みたいになっているから、いろんな場所の愛撫も楽しめます。

妻も「あなたとセックスすると思ったら、それだけでお腹がキュンってなるの…」と可愛いことを言ってくれるし、まったく不満はありません。しかし、完全に開発しきってしまうとやり甲斐もなくしてしまい、「別の女性にも通用するか、試してみたいな…」と思い始めたのですね。

出会い系を使い始めたら「絶対に満足させる自信があります!」と書き込み、欲求不満な女性を待っていました。

すると隣町に住む人妻が興味を持ったらしく、「今まであんまりいったことないし、お願いしてもいいですか?」と自分からパートナーになってくれたのです。

なお、初めて顔を合わせたときは半信半疑といった様子でしたが、回数を重ねるごとにポルチオの開発が進み、その度に「あの、次はいつ会えますか?」なんて聞いてくるようになり、妻みたいに盛大な絶頂を見せるようになったのですね。

ポルチオ開発のコツは『相手の反応を見つつ奥を刺激する』という一点に尽きます。痛がるようなら中断し、喘ぐようならグリグリと押し込むことで、徐々に開発も進むことでしょう。

2人目の開発も完了しそうですし、そうなったら3人目も欲しくなりますね。

コメント